つくば市に健康住宅を建てよう!オススメ注文住宅会社ナビ

イバケン

つくば市やひたちなか市で自然素材の家づくりをしているイバケンについて、その特徴や評判の声を集めました。

安心と健康の自然素材の家・イバケン

イバケンは、茨城県ひたちなか市に拠点を構える住宅会社です。つくばにも支店があり、たくさんの注文住宅を手がけています。自然素材を使い、健康に配慮した家づくりが特徴です。

太陽の動きに合わせた家づくり

健康的な暮らしには、日当たりの良さが不可欠です。イバケンの家は、太陽光を活かしたもの。例えば、太陽光が紫外線を多く含む午前中は、光がキッチンやダイニングに当たって殺菌力をはたらかせられるようにしたり、子ども部屋の陽あたりを考えたりします。

また同じように風の通り道に配慮したり、四季の移ろいが感じられる間取りを考えたりするのもイバケンの家づくりの特徴です。

丸ごと自然素材でつくる家

木は、伐採された後も呼吸をするもので、水分を吸ったり吐いたりします。これが調湿作用をもたらして、住み心地をよくしてくれます。

そんな木材を、吸放湿性のない断熱材と組み合わせてしまうと、木材の性質が生かされません。自然素材を活かす家づくりをして、補助的に人工的な建材を使うのがイバケンのポリシーです。

木材と組み合わせ抜群!セルロースファイバー

木と組み合わせて使われるのが、ファイバーエースという素材。吸放湿性に優れ、壁や天井の中の湿気を調節して結露を防いでくれます。断熱性や防音性が高く、火災の時の延焼防止にも役立ちます。

健康に対する取組み

健康被害をもたらす可能性が指摘されている電磁波。イバケンは、健康な暮らしのために電磁波をカットする家づくりを目指してきました。

イバケンのオールアース(R)住宅は、電磁波をカットする方法で特許を取得しています。日本の家の中は世界的にも電磁波量が多い中、オールアース(R)住宅なら世界指針値レベルまで電磁波をカットすることができます。

イバケンで家を建てた施主の声

  • 「健康にとことんこだわっています。自然のエネルギーを活かしていたり、無垢材をふんだんに使ったりしています」
  • 「無垢材がお好きだったら、気にいると思います。かなりの樹種を扱っていました」
  • 「セルロースファイバーを使っているせいか、遮音性がすごかったです。防湿性もいいようです。また床材の使いわけにも驚きました」
  • 「7月になってもエアコンがいらないほど快適です。風通しのいい設計をコンセプトにしている会社なので、窓を開けて扇風機があれば十分です」

イバケンの施工事例

イバケンの施工事例1イバケンの施工事例2イバケンの施工事例3イバケンの施工事例4

引用元HP:イバケン
http://ibaken.co.jp/seko_s.php?k_no=61

イバケンの会社概要

会社名 株式会社イバケン
所在地 つくば支店
茨城県つくば市みどりのA67街区4画地
創立 昭和63年7月25日
資本金 1,000万円
所有資格 記載なし
展示場・見学会 ・ショールーム とちの木・創住館
茨城県ひたちなか市足崎1458-520
アクセス みどりの駅より徒歩5分

一生健康に暮らすなら!
つくば市の健康住宅
オススメ3選を見る